初代ジャグラー開発者が語る、機械割を高くするための攻略法⁉︎

ジャグラー ロゴ

なんとなくネット検索をしていたら、こんな記事を見つけました。

ジャグラーが生まれるまで│パチンコ・パチスロ特集│OCN 競馬・パチンコ

パチプロライターの取材記事のようです。

 

インタビューされているのは、北電子 顧客需要調査室 室長の川﨑俊也(かわさき・としや)さん。

初代ジャグラーの開発にも携わった方らしいです。

 

文中にとても興味深いコメントがありました。

“ジャグ連”だとか“北電子独自の乱数生成方式”なんて言葉がファンの間で使われていますけれど、それはあくまで“オカルト”です。夢を壊してしまうようですけれど(笑)。

━━━━━━ 省略 ━━━━━━

ただ、機械割を高くするための攻略法があります。なんだかわかりますか?

毎回全リールに7図柄を狙えばいいんです。そうしたら、成立ゲームで揃えられるので、無駄なメダルを消費しなくてよくなるんです。

でも、そんなのジャグラーじゃないですよね? “ペカ”らせたいですよね?(笑)
たとえばボーナスを30回引いて、実際の収支が±0円だったとします。一度も“ペカ”らせずに揃えていたら、3千円勝っている計算になるんですよ。

実は“ペカ”1回につき、ファンの方には最低100円をお支払いいただく仕組みになっているんです。

“ペカ”った時点でまず3枚使っているから60円、1枚掛けで揃えるために20円、そして5号機ではボーナス成立時の払い出しがないから、さらに20円。もしもボーナスを30回引いていたら、3千円じゃないですか。

 

私は今まで何度も旦那さまに、この『機械割』の解説をしてもらったのですが…

未だに理解できていません。(私、理系のはずなんですが…)

 

そんな私と同じ方はこちらの記事を参考にしてください。

機械割(ペイアウト率)の正しい知識|パチンコビレッジ

内容はなんとなく理解できるのですが、人に説明はできません(笑)

 

1ペカにつき100円かかっているなんて…。考えたこともなかったです。

この攻略は今までに風の噂で聞いたことはあったのですが、元ネタが不明だったのでオカルトと思っていました。

なるほど。説明を聞くと納得できますね。

 

ええ。1ペカに100円かかっても何度も見たいです。”ペカっ”を(笑)

 

余談ですが、こんなコメントもありました。

川﨑さんオススメの打ち方は?

「あぁ、もったいない」と言う方が多いですけど適当打ちです。おしぼりでランプを隠す方なんかも多いようですが、あれは”チラ見”が楽しいのでしょうかねぇ?

私も昔やっていました。”おしぼり隠し”を。

もちろん、”チラ見”というか、薄いおしぼりでの”透け感”も楽しいのですが、目の保護が一番の目的です。

 

結構、目にくるんですよね〜。GOGOランプが。

特に私はハッピージャグラーの黄色いGOGOランプと7図柄のキラキラ?に弱いようで、夜眠れなくなります💦(ギラギラしちゃって、目を閉じてもペカペカ状態)

ジャグラーを打った後の目の疲れが気になっている方は、ぜひ”おしぼり隠し”をお試しください。疲れ方が全っ然違います。

 

この記事を読むと、ジャグラーの開発はみなさんギリギリの状態で本当に大変だった様子がよくわかるのですが、業種は違えど、私も技術職。ある意味『羨ましいなぁ〜、楽しそうだなぁ〜』という目線で読んでしまいました。

『シンプル、かつ他にないもの』を創造することの難しさ。いろんな意味でとても勉強になりました。

このシンプルさこそがジャグラーの最大の魅力です!これからもジャグラーonly you!

 

今日も読んでくださってありがとうございました。